脱毛 クリーム

寒い冬が過ぎ、いよいよ肌を露出する季節が巡ってきましたね。そうなると気になるのは脱毛の問題です。

皆さん、悩みは一緒で、わき毛はもちろんのこと、鼻の下のムダ毛にコンプレックスを抱いている女性が意外と多いことがわかりました。

それでは、肝心の処理方法は?というと、ほとんどの人が自宅で「剃る」か「削る」かしているようです。

さすがに背中の脱毛に関しては、自分ではできない部分でもあるので、エステの力を借りるしかないようです。

ただ、経験された人はわかるでしょうが、うっかり事故が多い上に、肌荒れや、処理後のヒリヒリした不快感が生じますよね。

もっと手軽に利用できる脱毛剤はないの?ということで、市場によく出回っているものに「除毛クリーム」というのがあります。


脱毛クリームと聞くと、かみそり前につけるクリームを連想するんですが、こちらは、そうではなくて、クリームを塗っただけで脱毛ができてしまうというもの
です。

処理にかかる時間はわずか5分程度。これなら確かに時間がないキャリアウーマンや面倒くさがり屋さんには手軽にできていいかも。

ただ、ただでさえ男
性よりも皮膚層が薄くて繊細な女性の肌にはどうなのでしょうか?
いかにもお肌に悪そうですが。


もちろん間違った使い方をすれば、どんな良品でもあだになるでしょう。


脱毛クリームの使い方も重要です。


使用前の再需要なこととして、腕の内側などの目立たない部分で、かぶれなどの障害が出ないどうかのバッチテスをすることです。

赤みがでたり、湿疹がでたりしたら大変ですから、まずは、少量で自分の肌で試すのが一番です。


用法用量を守るため、説明書をよく読んで、塗ってから洗い流すまでの時間をよーく確認して、それをタイマーなどで計って正確にすることも重要です。


また使用だけでなく使用後のケアも重要です。


使用後は肌が非常に敏感になっていますので、化粧水、日焼けどめ、そのたローション類などは避けるようにします。

制汗剤、香水もだめ、塩分のきつい海水浴、できればプールも消毒用の塩素があるのでさけた方がいいでしょう。少なくとも24時間はがまんです。


日ごろから乾燥肌や敏感肌の人にとっては、できれば脱毛クリーム意外の方法がいいと考えます。

やはりバッチテストなどで、確認をしながら慎重に使用したほうがよいのでは?

ページの先頭へ戻る