フラッシュ脱毛とは

最近注目されだした脱毛施術にフラッシュ脱毛という方法があります。これは、光エネルギーを使うので、ほぼ光脱毛と同義語と思っていいでしょう。

光脱毛は、レーザーや針、その他の脱毛施術と違って、波長が複数集まった、いわば波長の集合体で、距離が長ければ長いほど拡散しますから、より多くの範囲での脱毛が可能です。

しかも痛みもほかと比べても一番小さいようです。メラニン色素に反応し、毛包部位に直接働きかけて、毛根を死滅させるという点は、レーザーと一緒です。

ただ、照射時間は、ずっと短縮されるために、仕事帰りにちょっと立ち寄って施術を受けることも可能になりますね。

エステでもクリニックでも施術は受けられますが、より確実な効果を望むなら、少々高めですが、クリニックの方が期待できるようです。

なぜなら、エステはあ
くまでもリフレッシュサロンとしてのみ営業が許されているのであって、医療行為に相当するような強めの照射は許可されていません。

したがって、フラッシュ
の強度も最低に設定されていますから、あまり脱毛効果は期待が持てません。


しかしながら、そういったことを差し引いたとしても、フラッシュ脱毛自体、永久効果や脱毛力はあるものなのでしょうか?


さまざまな情報をネットで調べてみた段階では、どうやら、ごく最近普及した最新の施術ということもあり、実際の効果の有無は、はっきりとは確認できていないようです。


現時点では、実際の効果にかなりばらつきがあって、数年間発毛しなかったという人や、何回クリニックに通っても効果が出ないという人まで、さまざまです。

 また、照射した部位は確かに発毛しなかったが、照射からもれた部位から発毛したなどの報告もあるようで、永久脱毛に特化して考えるなら、こちらの効果にも
疑問視する声は少なくないです。


今後の専門家らの研究にゆだねたいですね。


フラッシュ脱毛のデメリットとしてあげられるのは、レーザーやほかの脱毛施術同様、お肌へ与える刺激は強いので、色素沈着を引き起こしやすいこと、メラニン色素に反応して照射するために、肌黒い人など、お肌の状態によっては、火傷を負いかねないという点です。


クリニックは、そういったトラブルに対した対応は可能ですが、エステになると、トラブルへの対処法にも限界がありますので、注意が必要です。


こうしたことから、フラッシュ脱毛を希望する人にぜひ注意してほしい点がいくつかあります。トラブルを回避するためにぜひ必要なことですので、よく留意してください。


○フラッシュ脱毛後少なくとも24時間以内の入浴は避ける。サウナも同様です。シャワーは大丈夫のようです。


○日焼けしないようにする。フラッシュ脱毛する前にすでに日焼けしてしまっている人は、施術は避けたほうが無難です。


○まだ通いはじめで、十分脱毛効果が発揮されていない段階では、数ヶ月でムダ毛が再生しえきますが、ピンセットなどで抜いたりしない。

毛穴が広がり、また
太い毛が再生されてしまう可能性があります。

せっかくの脱毛効果がムダになります。どうしても気になるなら、シェーバーもしくは、かみそりで剃る程度にし
ましょう。

ページの先頭へ戻る