光脱毛の仕組みと種類

光脱毛は、近未来型最新技術であり、まだ研究段階にある脱毛方法です。実際には、どういった機器が使われているのでしょうか?

まず光脱毛機から照射される光りですが、インテンスパルスライトと呼ばれる光エネルギーです。

レーザー脱毛は波長が一つで、ワンポイント照射なので、ごく狭い範囲での効果を発揮しますが、光照射は、さまざまな波長の集合体で、しかも距離に応じて拡散していきますから、非常に広範囲での脱毛が可能です。

ですから、背中などの脱毛には最適ですね。

このインテンスパルスライトは、フラッシュライトとも呼ばれることもあります。

その言葉の通り、カメラのフラッシュライトのような一瞬の照射で、いっきに照射部位の表面温度を上げます。

そして、光を毛根に届けます。毛根に届いた光り
は、毛根の再生力を抑制していきます。

したがって、再生してくるたびに、このフラッシュライトを浴びるので、最終的には、ムダ毛は死滅するという原理で
す。


まさに近未来型最新機器ですね。


しかもほかの美容技術同様、業界の進歩は日進月歩ですから、少しずつですが、高性能かつお肌へのダメージを極力抑えた機器が登場してきています。


たとえば、メラニン色素にのみ反応して照射するところから、産毛や色素の薄いムダ毛の脱毛には不向きとされてきた点については、高周波数の光り脱毛機が登場したことで解消されました。


光脱毛には、さまざまな種類があります。


その代表的なものは、フラッシュ脱毛ですが、ほかに以下のようなものがあります。それぞれ呼び名が違いますが、基本的な原理は、すべて一緒のようです。


○IPL脱毛○プラズマ脱毛○フラッシュ脱毛

ページの先頭へ戻る