高周波脱毛器とは

少し前までは、電気針による脱毛が主流でした。これは、極細の針を一本一本毛穴に刺していきながら、ムダ毛を取り除いていくという、かなり根気の要る施術でした。

そして、無理やり毛を抜いていくから激痛があります。こうしたことから、脱毛=痛くて苦しいといううわさも広まったでしょうし、そんな思いしてまで脱毛?という人も当然いたでしょう。

懸命な人は、手間と時間がかかっても自宅で脱毛を試みます。

でも毛には、周期があって、すぐに再生されていきます。毛抜きをすると、毛穴がこじ開けられる形になるので、次の周期で再生されたときは、さらに剛毛になって生えてきます。

かくて、ムダ毛との仁義なき戦いは、永遠に続くことになるのです。

さらには、除毛し切れなかった、次の再生を待つ毛があって、人通り脱毛し終わった後の肌は、ざらざらで、冗談にも美肌とはいえませんね。


結局、手間を考えて、エステやクリニックへ救いを求めてくる人がいるわけですが、今は、痛くて手間が駆る電気に変わって、レーザー脱毛機による照射が主流
になっています。

かつての針は、レーザーで残してしまった毛を完全に取り除くための補助機という形での利用にとどまっています。


では、レーザー照射なら痛みはまったくないかというと、必ずしもそうとは言い切れないのです。

とはいっても、ゴムでぱちんとはじかれた程度の痛さといいま
すから、ほとんど我慢できるレベルですね。

心配の火傷ですが、冷却機がついていて、レーザー放射と同時進行で冷やしていくので、この点もクリアできていま
す。


問題は、レーザーが受けられない人です。レーザーは、メラニン色素に反応して照射されるので、はじめから肌黒の人には危険ですし、産毛に反応しません。

かなりお肌への刺激が強いので、乾燥肌の人は特に注意が必要です。


こういったレーザーの欠点を補うために開発された脱毛機が、高周波脱毛機です。

これなら、産毛にも反応しますし、レーザーそのものが、お肌を引き締める効果があるらしく、美肌効果も期待できます。


いずれにせよ、こうした期待は、医療機関ゆえに持てることなのです。

仮にエステを利用するという場合も、お肌の専門医を置いているメディカルエステを利用したほうが、費用も無駄にならずに済むのではないでしょうか?

ページの先頭へ戻る