非熱式脱毛とは?

サロンやクリニックでの脱毛と言えば、レーザーなどの熱式脱毛が主流です。

特にダイオードレーザーのように最新機器になると、メラニン色素が濃い毛にだけ反応するので、火傷の危険をより確実に避けることが出来るようになっています。

大半のレーザー脱毛器には冷却装置がついていて、照射と同時に冷却をしていくので、滅多なことでは深刻な火傷にはならないにせよ、トラブルの上位に薬品負けや色素沈着が上がっているのも事実です。

もっと安全に受けられる脱毛施術はないのか、探してみたところ、最近、非熱式脱毛というのを見つけました。

これは、どういった脱毛方法かと言うと、文字通り熱を加えることなく脱毛していく方法ですが、けっしてカミソリなどを使うわけではありません。

イオンの働きで、毛乳頭に働きかける方法です。熱を加えないから、もちろん火傷は無いし、熱さを感じ事もありません。


さらに価格も比較的安価で、ちょっとした小遣いでできてしまいます。


通常のレーザーによく見られるような、ほくろや細かい産毛、日焼け肌、アトピー性皮膚炎、デリケート肌らとのトラブルも解消されています。価格も極めて安価で、通常価格でも数千円です。


夢のような話ですね。ただ、一部脱毛効果に?を投げかける人がいることも事実です。


具体的な施術の流れは、こうです。


脱毛希望の部位にを清潔にする → 専用エッセンス(美容液)塗布 → O2オソン噴射

→ 事前に塗った美容液が不活性成分に変化 → 噴射されたーイオンによって毛穴が開き、+イオンによって、美容液は毛乳頭へしみこむ → 脱毛完了


このとき、肌に塗布するのは、美容液ですから、薬品負けなんていうトラブルはまず起きません。

したがって、敏感肌の人でも施術は可能ですし、アトピーやほくろもまったく影響をあたえません。


細かい産毛も脱毛できますから、今まで予算の関係で背中の脱毛が困難であった面も一気に解消できそうですね。

非熱式脱毛の効果は・・・・????

比熱式脱毛、イオン脱毛は、安さと非熱が売りですが、脱毛施術に欠かせないのは、その効果の有無であることは言うまでもないですよね。

まず、初めに脱毛予定部位に塗布するローションですが、先だって評判をとった大豆イソフラボンを主成分とする美容液です。抑毛効果があるんだそうです。これも初耳です。

イオンを使って毛穴を開き、育毛機能がある毛乳頭に染みこませ、毛乳頭を萎縮退化させるのが役目です。

説明を聞くと、いかにも毛には良さそうですが、実際に抑毛出来たという体験談、レビューを知りたいですよね。
ところが、効果はまったくなしという感想が主流です。

それどころか、イオン脱毛を進めた当サロンが、「イオン脱毛は効いてくる期間が長いから、フラッシュ脱毛も平行して体験してみましょうね」と、複数の商品を勧められて憤慨したという人までいるほど。

これでは、高額な費用をつぎ込んでまでサロンに通う意味もないですよね。

いったい、非熱式脱毛が、人の口に上り始めたきっかけとは何だったのでしょう。

イオン脱毛が人々の話題に上るようになったのはここ2?3年の間のことですから、ほんとに最近出回るようになった最新技術のようですね、

東京の銀座にある、とあるエステサロンが発祥のようです。

安い、痛くない、熱くない、というのが売りらしいですが、効果がないのでは、これをメリットと呼ぶべきかどうかは微妙なところですね。

価格も安いと言ったって、10万切るというだけの話で、今のこの不景気なご時世では貴重です。

大豆ローションで、効果がでるというなら、ぜひ利用してほしいと思いますが、まず体感してみて、本物と実感できてからサロンを利用した方が無難ではないかと思いますが・・・。
ページの先頭へ戻る