vライン脱毛とは

vラインというのは、ビキニライン、すなわち下着、特にTバックの下着、ビキニなどを着用したときに覆われずにはみ出ていまう陰部の毛のことです。

最近、このVラインの永久脱毛のためにエステやクリニックを訪れるユーザーも増えているようですね。

Vラインなんて、ビキニや水着を着ない人にはあまり関係なさそうだし、仮に水着を着用するにせよ、年に数回のことではないですか!たった数回のために数万円もするレーザー脱毛を受けるなんて!!そう言いたくなる気持ちも、大変現実味があってすばらしい考えだと思います。

しかも、陰部の脱毛ということは、同じ女性看護士とはいえ、見ている前で下着を脱ぎ、陰部をさらけ出すわけですから、恥ずかしさはないのかしら。。。。

そんなおばちゃんたちのため息交じりの声が聞こえてきそうですね。しかし、クリニックを訪れる人は、Vラインの剛毛に強いコンプレックスを抱いて訪れる
ケースが多いようですね。

美しいつるつるの完璧な肌を持ちたい、同時に、下着を脱いだときに、彼氏の目からどう映るかしら。。。。そんな間単には人に言え
ない秘め事の悩みを密かに抱いて訪れるといいます。


確かに、日本人のVラインは特に太く、濃い黒をしていますから、ちょっとの脱毛の仕方では、つるつるとまではいかず、まるでゴマをふったようにまだらになったり、下着をつけた時に、磨れてひひりひり痛んだりと、美しい脱毛は難しいようです。


とりあえず、自分で脱毛をしてみたけれど、ビキニや下着から見える部分は、いかにも虎刈りだったり、赤く腫れているのでは、なんのために脱毛したのか、わからなくなりますよね。


そういったトラブルに苦しむなら、やはり、クリニックなどで、レーザー脱毛をしたほうが、後々のことを考えれば、楽かもしれませんね。

また、クリニックの
看護士さんたちは、丁寧に話を聞いてくれるようですし、予算と希望の脱毛範囲を確認し、適切なプランをも提案してくれるクリニックも多いようです。


Vラインのはみ出し毛は、とにかく剛毛ですから、強めのしっかりした照射をする必要があるようです。

ですから、通常の脱毛施術に比べて、相当な熱痛を伴
う、つらい施術になるようですし、アフターフォローを万全にしないと、色素沈着やらさまざまな副作用を引き起こすようです。

その辺をしっかり肝に応じて、
慎重に選択してくださいね。

ページの先頭へ戻る